HOME > 活動報告 > アーカイブ > 毎月の活動

活動報告 毎月の活動

遊んで描く空間アート

 全クラス 造形 集団制作 2021年10月2週目
 
2週目に登場したのはゴムと毛糸の長い線です。毛糸を使って思いっきり遊んだり、描いたり、1つの素材からできる、様々な表現活動を展開しました。
 
部屋中ゴムを張り巡らせてあそびました。ゴムに当たらないように跳んだり、くぐったり、思いっきり体を動かして遊びました。遊んでいると、毛糸玉がポーンと飛んできました。夢中で毛糸玉を追いかけたり、投げたりしているうちに、どんどん毛糸がゴムに絡んでいき、最後には部屋全体が、様々な色の線で構成された大きな毛糸のオブジェになりました。幼児・親子は毛糸の筆を作り、墨汁を付けて障子紙に描きました。いつも使っている筆とは違い、思いがけない線や点が描かれました。最後に毛糸のボールに、筆で描いたよりも濃い墨汁をつけて転がすと、墨の濃淡で表現された迫力のある作品が出来上がりました。小学生は遊んで作ったオブジェのイメージをダンボール板とピンを使って表現し、作品にして持ち帰りました。毛糸という一つの線の素材から、様々な遊び方、表現方法があることを感じる活動でした。


 

ロープと粘土のオブジェ

 全クラス 造形 個人制作 2021年10月1週目
 
ロープの線を使った制作です。動きのある素材が紙粘土を組み合わせることで、1本の線から様々な立体ができる面白さを体感できるよう活動しました。
 
今回の制作素材のロープであそび、触れ合うことから活動をはじめました。長いロープをヘビに見立てお散歩させたり、電車ごっこをしたりと、全身で体感したり、巻いたり引っ張ったりと動かしながら、いろんな形に変身させて触れ合いました。素材で自由に遊ぶことによって親しみを持ち、その特性も十分に体感できたようでした。 
充分素材と触れ合ったあとは、ロープと紙粘土を組み合わせて、作品をつくりました。始めはみんなおなじ細っちょで真っ白な長いロープが、それぞれのストーリーを通して形を変えて色付けされ、個性的なオブジェに変身しました。自由に形作りができる素材の感触に魅了されたようで、いろんな形を作っては、変化していく様子を楽しみながらそれぞれに工夫をこらし制作している姿が印象的な活動となりました。


 

おはりこのオブジェ

 全クラス 造形 個人制作 2021年9月3週目
 
2週目に作ったおはりこを、更に変化させていきました。色々な素材に触れ合いながら、自分のイメージしたものを作りだす楽しさを体感しました。
 
今回はそれぞれが作ったおはりこに加えて、色々な形の素材を取り入れ、自分の作りたい物を自由に表現する制作でした。ひとつの同じ形がそれぞれの感性によって個性豊かな作品に変化していった、とても面白い活動となりました。

最初に自分が頑張って作った、しっかりと乾いて固まっている作品を手にすると、子どもたちから驚きや感動の声がたくさんあがりました。いくつかの見本をみる中で、自分が作りたいと思ったかたちを、感じたままにオブジェとして表現していきました。
デザインを考え、素材を貼り、絵の具で着色するという一連の流れは少しボリュームのある活動でしたが、どの子も色々と試行錯誤しながら最後まで作品としっかり向き合っている姿が印象的でした。2週連続の制作だったので、その分達成感や満足感もとても大きい活動となったようでした。


 

風船のおはりこ作り

 全クラス 造形 個人制作 2021年9月2週目
 
2週続けての活動です。1回目の活動では、みんなが好きな風船と存分に触れ合い、その特性を活かして作品の土台となる形を作る事を楽しみました。
 
今回は1週目の制作で登場した折り紙と同じ、カラフルな風船を取り入れた活動を展開しました。まずは部屋いっぱいの風船で身体を思い切り動かしながら自由に遊び、その後にその風船を使って3週目につながっていく制作に取り組みました。
丸い形の風船に四角い紙を貼っていく事によって、平面のものを構成して立体物が出来上がっていく様子を、自分の手で実際に作り上げていく事を通して体感しました。
作品を丈夫にする為に、紙の種類を変えながら風船の周りに4重に重ねて貼っていきました。単純作業なので少し大変かもという心配をよそに、割れない風船を作りたいという強い思いからか、最後まで頑張って作り上げる頼もしい姿が見られました。
 小学生の子どもたちには、3週目に作品を更に変身させられることを伝え、それぞれ制作のイメージに合わせて、大きさや個数を選択してから作りました。


 

コラージュ版画

 全クラス 造形 個人制作 2021年9月1週目
 
多様な形を組み合わせて統一された模様ができることを、親子幼児クラスは作り出した形で、小学生は秩序ある形を組み合わせて描くことで体感しました。
 
コラージュという技法と版画、2つの工程を通して作品を作りました。親子幼児クラスは素材と触れ合い感触を楽しみ、遊びながらできた形を組み合わせて描きました。
特に日常ではあまり経験しない紙を破くという工程は、子どもたちにとって新鮮なあそびだったようです。遊びながらできた形から、どんどん発想を広げ、一つの面にそれぞれのストーリーが描かれていく楽しそうな様子が印象的な活動となりました。  
小学生クラスは、丸や三角や四角から形を選び、組み合わせて描きました。1つの形を意識してデザインし、他の形と比較することで、それぞれの特性を感じ、同じ工程から様々な模様が描かれることが体感できるよう活動しました。経験の多い版画の活動でしたが、子どもたちはいろいろな技法をかさねることで、複雑な表現ができる面白さを感じてくれたようでした。 


  

オリジナルミラー作り

 全クラス 造形 個人制作 2019年8月2回目
 
いろんな形や素材を組み合わせて、遊べる作品を作ります。作ることを楽しむだけなく、自分で作ったものを使う楽しさを体感できるよう活動しました。
 
1つの面にいろんな形や素材を組み合わせて、遊べる作品を作りました。制作した2面鏡は、のぞく映し出された模様がどんどん広がっていきます。秩序ある形といろいろな形、2種類の形の組み合わせによる模様作りや、自分でつくった模様を鏡で映し、広がりのある模様が描かれていく面白さを体感できるよう活動しました。
作品つくりだけでなく、鏡を動かし、きれいな模様、面白い模様はとても楽しかったようです。嬉しそうにいっぱい鏡に映るたくさんの自分を眺める親子クラス、誰かが見つけた模様を共感し、みんなで一緒になって楽しんでいる幼児や小学生の姿は、とてもほほえましい光景でした。共感し、同じ価値観で一緒に楽しむことのできた経験を、作品を見るたびに思い出してくれると思います。作りこんだ素敵な作品を使ってお家でもいろんなものを覗いて遊び、新たな発見を楽しんでください。


 

いろいろソルトアート

 全クラス 造形 個人制作 集団制作 2021年8月1回目
 
日常なじみのある食材の塩を使い、いろいろな技法で制作しました。点が線になり面ができていく様子を、素材の変化を楽しみながら体感しました。
 
今回は同じ1つの素材を通して、色々な技法での作品作りを、時間をかけて楽しみました。描いた塩の線に絵の具がじんわり染み込んでいく様子や、塩に絵の具を混ぜ合わせる時のサクサクという音がとても夏らしい、季節感のある活動となりました。
親子クラスは長い時間であったにも関わらず、子どもたちは最後まで元気いっぱいにそれぞれ楽しんでくれました。一つひとつの素材や道具の中で興味関心を持ったものとじっくり向き合い、自由な雰囲気で素敵な時間を過ごす事が出来たと思います。
幼児・小学生クラスは塩という親しみのあるものから、それぞれ違った技法を経て色々な作品が出来ていく様子に感動している様子でした。こちらの予想に反してほとんどの子が初めてのソルトアートで、新鮮な驚きと感動の表情がたくさん溢れていたのがとても印象的な活動となりました。 


 

スクラッチアート

 全クラス 造形 集団制作 2021年7月3週目
 
いろんな工程を重ね、みんなで制作しました。それぞれが感じたままに描く楽しさを大切に、個性がつながってできる作品との出会いを体感しました。
 
それぞれ自由に描いた線が1つの面で調和してできる、ダイナミックな作品つくりをスクラッチアートという技法を使って経験しました。言葉は聞きなれてなくても、クレヨンを使って遊んだことや、絵本を通してなどでなじみのある方も多いかもしれません。カラフルな色で塗ったうえを黒で塗りつぶし、削りだして描く制作です。
色を重ね、混色による色の変化を感じながら、それぞれが自由に描いた線が構成されてできる模様つくりをアトリエ流に絵の具を使い、ダイナミックに遊びを通して制作しました。いろいろな技法がでてくるため、その展開と内容の新鮮さからか、子どもたちは、どんどん制作にひこまれていったようでした。ケチャップボトルで描くことや、そのうえにビニールをかぶせること、かぶせた後で絵具を伸びてく様子、スクラッチと、一つ一つじっくりと取り組んでいました。遊びながら描くこと、みんなで描く楽しさを体感できたようでした。


 

紙粘土のレリーフ/レリーフ絵画

 親子クラス 造形 個人制作/幼児小学生クラス 絵画 個人製作 2021年7月2週目
 
紙粘土を使った制作です。親子は素材と触れ合い感触、変化を感じながら、幼児小学生は板の上に描いたモチーフを、粘土を使い立体的に表現しました。
 
親子クラスは形の変化、感触が心地よい、柔らかい粘土を使い、素材の性質を楽しみながら、制作しました。今回も作るということに赴きをおかず、素材との出会い、工程を自分の感じたままに動かし、経験しながら、親子で素敵な作品ができました。
幼児と小学生クラスは、立体のモチーフを楽しく描けるよう、粘土を使い、半立体に表現しました。アトリエの絵画では形や色をモチーフと似せることよりも絵を描きたいという意欲を持ち、モチーフを見て感じたままを自由に表現できるよう意識して活動しています。そんな雰囲気を子どもたちも感じてくれたようで、モチーフをよく観察して感じ、自分の作品と真剣に向かい合い、集中して制作していました。最後にはそれぞれ個性的な、素晴らしい作品がたくさん出来上がりました。


 

三角錐のオブジェ/三角で描く石膏オブジェ

 親子幼児クラス 造形 個人制作/小学生クラス 造形 個人制作 2021年7月1週目
 
三角形という形を親子・幼児クラスは三角推を模ることで、
小学生クラスは意識しながら自分で描いた模様を模ることで、体感できるよう活動しました。
 
いろんな形や模様を作れる魔法の白い粉『石膏』を使い、素材が変化して想像した形ができる様子を楽しみながら制作しました。何かを表現する時、そのものを感じ、とらえることが必要となります。親子幼児クラスは三角錐を自分で模たり、作品に色を塗ったりしながら触れ合うことで、その形状を体感しました。小学生クラスは、正方形の土台に三角形を意識してデザインすることで、2つの形、同じ形を組み合わせてできる幾何学的な模様を描くこと体感しました。最初はただの白い粉なのが、水を入れてまぜるだけで変化し、カチカチに固まってしまう不思議な石膏を使った活動は、いつも子どもたちを魅了します。今回も完成をイメージし、ワクワクしながら待っていた作品を出合った瞬間の子どもたちの笑顔が印象的な活動となりました。


 

123456789

メインページ | アーカイブ | 課外活動 »

TOP