HOME > 活動報告 > アーカイブ > 2021年12月

活動報告 2021年12月

氷で作るロウのオブジェ

 全クラス 造形 個人制作 絵画 2021年12月3週目
 
素材の性質を活かし、実験感覚で制作しました。意図して作る制作と違い、どんなものができるか想像しながらの物作りを経験できるよう活動しました。
 
型に氷を入れて、ロウを流し込んで固めると、氷の部分に穴が開き、不思議な形のオブジェができます。とても冷たい氷、熱々のロウソクのもとになるパラフィンと相対する2つの素材組み合わせて、遊びながら制作しました。あまり登場することのない素材と触れ合い、それぞれ感触や変化を楽しみながら作っていました。

もう一つの制作積み木の台に、ロウの作品を飾ったあとは、作品を囲み、おやつの時間です。「いただきます。』の声とともに電気を消して、みんなの作品がライトやロウソクでライトアップされると、思わず歓声が上がりました。季節に合わせた装飾とみんなの作品が調和してできた、いつもとは違う特別なアトリエならではのクリスマスの雰囲気を楽しんでいるようでした。きれいだね…と作品を眺める子どもたちの嬉しそうな表情を見つめながら、心がとても温まる活動になりました。


 

オリジナルパズル作り

全クラス 造形 個人制作 2021年12月2週目
 
1枚の板から複雑な形を切り出し、着色して組み合わせます。色々な工程を経験しながら、形同士の関係性や色面の調和を感じられる作品を作りました。
 
前回の活動で三角の組み合わせから生まれた四角の形を使い、変化させていく制作を行いました。板から形を切り出してヤスリがけをし、下塗りをして着色してと、手数が多い今回の制作でしたが、出来たもので遊べることを楽しみにどの子も最後まで諦めずに制作に取り組んでいる様子が見られ、改めて子ども達の底力を感じました。

親子の子ども達は自由な雰囲気で絵の具の色遊びを楽しみ、幼児の子ども達は自分の作品で遊ぶ事に期待を持ちながら色選びや混色を楽しみ、小学生の子ども達ともなると試行錯誤をしながら自分なりのイメージを表現する事を目指し、と成長過程によって制作に向き合うスタイルが違うその姿は、とても興味深いものでした。

たくさんの工程を経て最後まで作品を作り上げた時の子ども達の、達成感があふれた、活き活きとした表情がとても印象的な活動となりました。


 

発泡スチロール三角形のレリーフ

 全クラス 造形 個人制作 2021年12月1週目
 
三角を組み合わせて四角を描く事で、異なる2つの形の関係性を体感します。色々な素材で表現活動を繰り返す事によって認識を深めていきました。
 
11月の最後の活動で使った波ダンボールと同じ形の直角三角形の素材を使い、遊びや制作を楽しみました。まずは木製の三角形のモザイクでパターン遊びを楽しみ、同じ直角二等辺三角形の形をした発泡スチロールに絵の具で着色しました。
親子クラスは、好きな色を選ぶことや絵の具を自分の手で出す事も楽しみ、発泡スチロールに絵の具を塗る時特有のスイスイと進む筆の感触さえも楽しんで塗っていくと、それぞれの個性が表れた素敵な三角がたくさん出来上がりました。
幼児・小学生クラスではスチロールカッターで三角をカットする経験もしました。それぞれの手の動かし方によって生まれた個性的な三角に色を塗り、最後にみんなの作品を集めて壁面に飾ると、調和の取れた一つの大きな作品に変身しました。シンプルな形も組み合わせ方によってそれぞれ違った模様が生まれ、多様な表現を生み出す事が出来ることを感じられる活動となりました。


 

1

« 2021年11月 | メインページ | アーカイブ | 2022年1月 »

TOP